メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コハクチョウ

「冬の使者」6羽飛来 安曇野・犀川白鳥湖 /長野

 コハクチョウの越冬地で知られる安曇野市豊科田沢の犀川白鳥湖で19日朝、冬の使者・コハクチョウの今季初飛来が確認された。

 観察や保護活動を行っている「アルプス白鳥の会」の会田仁さん(69)によると、午前9時に飛来を確認。正午までに6羽が現れた。初飛来日は昨年と同じだが、6羽という数は例年より多いとい…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです