メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古本市

本好きな人たち、つなぐ 85組出店 きょう、あす 名古屋・円頓寺商店街で /愛知

 名古屋市西区那古野1の円頓寺商店街で20、21の両日、「円頓寺 本のさんぽみち」が開かれる。さまざまな人が出店する古本のフリーマーケットだ。名古屋市内の書店巡りなどを通じて本屋の魅力を紹介するイベント「ブックマークナゴヤ」の一環で始まったが、同イベントが昨年に終了してからも、人気がある催しを無くしたくないと有志が引き継いだ。

 1組の出店スペースは1・5メートル四方で、2日間で延べ85組が出店する。フリーライターや小説家、料理研究家などに加えて、昨年の催しが楽しく今年は売る側になったという人も。売り出す本は、出店者の蔵書が中心だが、この日のために集める人もいるという。プロ野球広島カープの本を売る人など、さまざまだ。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです