メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

就職活動を振り返って 行きたい業界絞り研究 追手門学院大4年・古賀千晴さん

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 気になる就職活動。「目標は?」「スケジュールは?」と言われても困る人だっているだろう。追手門学院大4年の古賀千晴さんが就職先が決まるまでの体験をつづった。また、大阪工業大3年の田尾愛梨さんは、古賀さんに話を聞き、感想を書いた。

 ★特に希望なく

 大学3年になったころ、就職活動を意識するようになった。とはいえ、私にはやりたいことや、なりたい職業はなく「このままで大丈夫なのか」という漠然とした不安を抱えていた。生きていくために働かなくてはいけないことは分かっていた。渋々、周囲に合わせるように動き出した。

 3年の夏、インターンシップの合同説明会に参加した。興味をもった業界の「1日インターンシップ」に参加…

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2087文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです