メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

就職活動を振り返って 行きたい業界絞り研究 追手門学院大4年・古賀千晴さん

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 気になる就職活動。「目標は?」「スケジュールは?」と言われても困る人だっているだろう。追手門学院大4年の古賀千晴さんが就職先が決まるまでの体験をつづった。また、大阪工業大3年の田尾愛梨さんは、古賀さんに話を聞き、感想を書いた。

 ★特に希望なく

 大学3年になったころ、就職活動を意識するようになった。とはいえ、私にはやりたいことや、なりたい職業はなく「このままで大丈夫なのか」という漠然とした不安を抱えていた。生きていくために働かなくてはいけないことは分かっていた。渋々、周囲に合わせるように動き出した。

 3年の夏、インターンシップの合同説明会に参加した。興味をもった業界の「1日インターンシップ」に参加した。スーパーマーケットや薬局などの小売業、金融、人材派遣などを訪ねた。でも、どの業種も私にはしっくりこなかった。

この記事は有料記事です。

残り1704文字(全文2087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです