メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

堤防拡幅工事 立ち退きへ揺れる思い 活動休止の自治会も /岡山

末政川の決壊現場周辺では住宅が建ち並ぶ=岡山県倉敷市真備町地区で、幾島健太郎撮影

 西日本豪雨で決壊した堤防の拡幅工事のため、県は、倉敷市真備町地区の川沿いに住む世帯の一部に立ち退きを求める方針だ。具体的な時期や対象者は固まっていないが、活動休止を決めた自治会があるなど、住民生活に影響が出ている。【林田奈々】

 真備町有井の大日(だいにち)団地自治会は今月6日に会合を開き、活動を休止することを決めた。自治会に入る全11世帯は末政川の西岸にあり、堤防の決壊部分に近い。このうち堤防沿いの3世帯が立ち退きの対象になると県から説明を受けた。自治会長の藤原美由紀さん(61)は「小さいけど、だからこそまとまりの良い自治会だった。堤防が強化されると聞き喜んだし、工事はありがたいが、3世帯もいなくなると活動を維…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです