メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

硯心書道会の作品展

川崎・書道家、角さん主宰「自由でバラエティー」 会員115人、615点出展 /福岡

 川崎町の書道家、角硯舟(すみけんしゅう)さん(84)が主宰して60年を迎えた硯心(けんしん)書道会の作品展が19日、川崎町田原の町民会館で始まった。町内と田川市、添田町、福岡市の教室に通う会員ら約115人が計約615点を出展。角さんの長男で、講師として運営を支えてきた角遊拙(ゆうせつ)さん(54)は「自由でバラエティーに富んだ展示となった」と講評している。21日まで。入場無料。【峰下喜之】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです