メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見て聴いて楽しんで

おおいた大茶会/中 “着せられる”から“自分に合う服”へ 障害者用のファッションショー /大分

別府市で来月23日

 「障害者は人に『見られる』ことが多い。ファッションショーでは逆に『見せる』ことができる」。全国障がい者ファッション協会の豊田昭知会長(62)は、こう力を込めた。「湯にば~さるファッションinべっぷ」が11月23日、別府市山の手町のビーコンプラザで開催される。身体障害のある約30人がモデルとして出演。障害者用にデザインされた作品に焦点を当てたファッションショーだ。

 今回、モデルとしてステージに立つ豊田さん。2歳の時にポリオ感染から小児まひにかかり、現在、足を動か…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです