元徴用工訴訟

30日判決 韓国最高裁、約5年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル渋江千春】日本の植民地時代に強制労働をさせられたとして、韓国人の元徴用工4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の最高裁(大法院)は19日、差し戻し上告審の判決を今月30日に言い渡すと発表した。約5年ぶりに司法の判断が下されることになる。

 日本政府は、植民地時代の請求権問題については1965…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集