メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーデュー米農務長官

牛肉・豚肉で攻勢構え 関税下げ「TPP以上」

 【ワシントン共同】パーデュー米農務長官は18日、日本との通商交渉で環太平洋パートナーシップ協定(TPP)以上の農産品関税引き下げを求め、対日輸出の大幅な拡大を目指す方針を示した。トランプ政権は農産品分野では、主要輸出品目である牛肉と豚肉で日本への攻勢を強める構えだ。

 米国はTPPを離脱した一方、日本はTPPや欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)を推進し、米畜産業界には競争条件が不利になるとの焦りがある。米国食肉輸出連合会は「米国にとって日本は大きな価値のある牛肉と豚肉…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです