メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

日本をベタぼめ ツイッターに対米投資資料 実は自らの実績アピール

トランプ米大統領がツイッターに投稿した資料

 トランプ米大統領=似顔絵=は18日、ツイッターに「最近の米国への主要な日本の投資の更新版」と題した資料写真を掲載し、「安倍晋三首相は不公平な日米貿易のバランスを取るために私と共に取り組んでいる」とほめたたえた。首相の名前を出しつつ、自らの実績をアピールした形だ。一方で「これはほんの始まりだ!」とも書き込み、対日通商圧力を緩めない姿勢を改めて示した。

 掲載された資料は、米国の地図上にトヨタ自動車やパナソニックなど8企業の対米投資計画が示されたもの。「トランプ大統領就任以来、200億ドル(約2兆2000億円)の投資、3万7000人の雇用創出」「米国でナンバーワンの海外投資家」と日本の対米投資実績が赤色の太字で強調されていた。日本政府が9月の日米首脳会談などでトランプ氏に提示した説明資料とみられる。これまで日本企業による雇用創出など経済貢献を訴え…

この記事は有料記事です。

残り67文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  4. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  5. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです