メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者雇用

水増し問題 4000人雇用目標 来年中に統一筆記試験を新設 政府方針

 中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、政府が検討してきた雇用拡大方針の全容が分かった。常勤雇用については障害者を対象とする統一筆記試験を新設し、人事院が2019年2月ごろに初めて実施する。これとは別に非常勤を含め、必要な省庁ごとに人材を募集する。合わせて約4000人を19年中に採用し、法定雇用率を満たす目標を掲げる見通しだ。

 障害者雇用は17年6月時点で、国の27機関で計約3460人の不正算入が判明。実際の雇用率は1・19…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです