メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

国宝に琉球国王の「玉陵」 沖縄の建造物で初指定

 国の文化審議会は19日、琉球王国の国王の陵墓「玉陵(たまうどぅん)」(那覇市)を国宝に、大前神社(栃木県真岡市)など8件の建造物を重要文化財に指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。沖縄県内の建造物の国宝指定は初めて。近く答申通り指定され、建造物の重要文化財は2497件(うち国宝226件)となる。

 玉陵は、琉球国王尚真王が1501年に築造。首里城の西に位置し、切り妻造りの屋根を持つ沖縄地方特有の…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです