訴訟

青森県議の海外視察「不要だった」 地裁、返還請求命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 青森県議2人によるブラジル視察は同県五所川原市の事業に同伴しただけで必要性はなかったとして、市民団体「弘前市民オンブズパーソン」が旅費計約144万円を返還させるよう三村申吾知事に求めた訴訟で、青森地裁(飯畑勝之裁判長)は19日、請求を認めて知事に全額の返還請求を命じた。

 判決によると、同市は2015年2月、サンパウロであったサンバカーニバルに山車「五所川原立佞武多(たちねぷた)」を出演させるため、市職員を派遣。県議2人は「県の国際観光振興に関する調査」などを目的に市職員に同…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

あわせて読みたい

ニュース特集