メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

52年間、家庭欄と共に 家庭通信社元社長・関根由子さん

家庭通信社が配信した記事「パソコン仕事 高齢者も活躍」が掲載された地方新聞を見せる関根由子さん=東京都文京区で2018年10月3日、小野まなみ撮影

 地方新聞の家庭欄に、52年間記事を配信してきた家庭通信社が今年3月看板を下ろした。社長を務めた関根由子(よしこ)さん(72)がその歩みを「家庭通信社と戦後五〇年史」にまとめた。同社が果たした役割と、いま紙面に求められることを聞いた。

 ●今年3月に幕

 同社は1965年に東京都港区に設立された。地方紙の家庭欄に掲載される食やファッション、園芸、医学知識など生活に役立つ記事を週1回、10本程度配信してきた。関根さんが入社した69年以降は、最大38の新聞社と契約した。多い時には関根さんを含め5人のライターが取材・執筆に当たったという。

 関根さんは89年から28年間社長を務めた。新聞の衰退とともに契約数が減り、関根さんも高齢になったた…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです