メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

己と向きあう 4時間前起床で集中=バドミントン・奥原希望

 8月は中国での世界選手権とジャカルタ・アジア大会、9月は日本、中国、韓国とワールドツアーが3週連続でありました。特に9月の3連戦は準優勝、4強、優勝だったため、3週間で計14試合。本当にしんどかったです。過去2年、この時期にけがをしていたので無事に終われて、ほっとしました。

 バドミントンは年中、ワールドツアーなどで世界中を転戦しています。今回は遠征中の過ごし方について紹介します。遠征中は試合に合わせて生活し、試合開始予定の4時間前に起きます。遅い時間帯の試合になった場合は、朝に少し動いて昼寝をします。

 以前、陸上長距離の選手の記事で「起床の5時間後がピーク」と読んだことがきっかけです。バドミントンは…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1258文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  5. NASAの探査機が太陽圏外に 1977年に打ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです