メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに

皇居・宮殿の中庭を散策される天皇、皇后両陛下(宮内庁提供)

探偵小説、安心して夢中になれる

 20日に84歳を迎えられた皇后さまの誕生日として最後となる文書回答は、来年の代替わりを控えた現在の胸の内を率直につづったものだった。自身の歩みや上皇后になってからの暮らしについて思いを連ね、天皇陛下と「残された日々を、静かに心豊かに過ごしていけるよう願っています」と記した。【高島博之】

 皇后さまは24歳で民間から皇室に入った。文書では皇太子妃、皇后としての立場を「与えられた義務を果たしつつ、その都度新たに気付かされたことを心にとどめていく」日々だったと表現。「経験するだけでは足りない。経験したことに思いをめぐらすように」という聖心女子大学時代の学長の言葉を何度も自らに言い聞かせてきたことも明かした。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです