メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ政府

「記者が死亡」公式に認める 18人を拘束

カショギ氏=AP

 【カイロ篠田航一】サウジアラビアのジャマル・カショギ記者がトルコのサウジ総領事館で殺害されたとされる疑惑で、サウジ検察当局は20日、国営メディアを通じて「カショギ記者が総領事館で死亡した」と公式に認めた。総領事館内で起きた殴り合いの争いの結果で意図的な殺害ではなかったと主張している。

 当局は関連して、サウジ国籍の18人を拘束したと明らかにした。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです