メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ政府

記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア政府に批判的な米国在住のサウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館を訪問後に行方不明になった事件で、サウジ検察当局は20日、国営メディアを通じて「カショギ氏が総領事館で死亡した」と公式に認めた。総領事館内で起きた口論と殴り合いの結果で意図的な殺害ではなかったと主張している。当局は関連してサウジ国籍の18人を拘束。サルマン国王(82)は事件に関係したとして王室や政府の高官ら5人を更迭した。

 当初は事件への関与を否定したサウジ当局だが、一転して責任の一端を認めたことで早期の事態収拾を図りた…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです