メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大調査

腰痛、ストレス…生産性の損失は年30万円

=iStock

 腰痛、肩こり、ストレス、睡眠不足など従業員の体調不良が悪化すると、1人当たりの労働生産性の損失額が年30万円増えるとの調査結果を東京大の研究グループがまとめた。福島県郡山市での日本公衆衛生学会総会で25日に発表する。研究グループは「職場の健康づくりで損失を抑えることが、業績向上につながる」と分析する。

 中小企業の健康経営を進める同県の協力で、東大政策ビジョン研究センター・データヘルス研究ユニットの村松賢治研究員らが、県内7事業所289人に健康状態や仕事に関する9項目などのアンケートをした。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです