自転車レース

選手は1型糖尿病 日本の患者励まし参戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「チームノボノルディスク」の選手たち=宇都宮市江野町のオリオンスクエアで2018年10月19日、野田樹撮影
「チームノボノルディスク」の選手たち=宇都宮市江野町のオリオンスクエアで2018年10月19日、野田樹撮影

 子供や若者の発症が多い「1型糖尿病」を患う選手で編成する世界初のプロ自転車チーム「チームノボノルディスク」が20日午後、宇都宮市で開幕した国際ロードレース「ジャパンカップ」に出場する。難病を抱えながらも世界各地でレースに挑む選手たちは、同じ病気に悩む日本の患者を励まそうとペダルをこぐ。

 1型糖尿病は血糖値を下げるホルモン「インスリン」が体内で分泌されなくなる疾患。生活習慣が影響する2型と異なり、幼少期の発症が多い。患者は注射などで日常的にインスリンを補充し、血糖値を管理する必要がある。

 チームは2006年に米国で設立され、フランスやスペインなどから集まったプロ選手16人やスタッフら計約70人で構成。糖尿病の医薬品を開発するノボノルディスク(デンマーク)がスポンサーになり、「糖尿病と共に生きる人を元気づけて応援しよう」を信条に各国のレースに参戦している。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文712文字)

あわせて読みたい

ニュース特集