メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時国会

改憲案提示、下村氏始動 各党温度差浮き彫り

下村博文氏=国会内で、川田雅浩撮影

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長は19日、国会内で公明党の北側一雄憲法調査会長と会談し、24日召集の臨時国会で党改憲条文案を提示したいとの意向を伝えた。高村正彦前副総裁が引き続き、公明党との調整役を務めることも伝達。衆院憲法審査会幹事でもある北側氏は与野党協調を重視し、幹事に内定した下村氏に対し、憲法審の丁寧な運営を求めたとみられる。

 下村氏は国民民主党の原口一博国対委員長とも国会近くで会談した。原口氏は自民党条文案のうち、自衛隊の…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文444文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです