メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シーテック18

3メガバンク出展 金融とIT融合さらに

三菱UFJフィナンシャル・グループが展示した歩行情報を記録するスニーカーとスマホアプリの画面=千葉市で2018年10月18日午後0時24分、深津誠撮影

 19日まで千葉市の幕張メッセで開催されたアジア最大級の家電や情報技術(IT)の展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2018」に、昨年に続いて3メガバンクグループが出展した。金融とITが融合するフィンテックへの取り組みが活発化する中、自ら蓄積した情報を将来の収益源にすることをにらみ、展示面積や出展数を拡大。業種の枠を超えた新サービスのアピールを競った。

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、昨年より展示面積を倍増させて臨んだ。最大の目玉が、顧客から集めた個人情報を企業などに提供して利用料を得る「情報銀行」だ。一例としてアシックスと共同開発したセンサー内蔵型スニーカーで、歩行速度や距離、歩く癖などの情報を収集し、体重の変化などを管理するシステムを展示した。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです