記者不明

「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ムハンマド皇太子=AP
ムハンマド皇太子=AP

米NYタイムズ「米ホワイトハウスにも伝達済み」とも

 【ワシントン会川晴之】サウジアラビアのジャマル・カショギ記者がトルコのサウジ総領事館で殺害されたとされる疑惑で、米紙ニューヨーク・タイムズは18日、サウジ側は、ムハンマド皇太子に取り立てられたアシリ将軍を事件の責任者とすることで、事態収拾を図る構えだと報じた。米ホワイトハウスにも伝達済みだとしている。

 同紙によると、サウジは国際的な批判の高まりを受け、「関与していない」との全面否定を改める方向で調整している。新たなシナリオは、カショギ氏を拘束してサウジ国内で尋問することをムハンマド皇太子が指示したものの、アシリ氏が「命令を取り違え、カショギ氏を殺害してしまった」との内容になる見通しという。アシリ氏は皇太子の情報担当顧問を務めている。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文812文字)

あわせて読みたい

注目の特集