メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
記者不明

サウジ皇太子の警護担当者が総領事館に出入り

トルコ地元紙が報じた、ムハンマド皇太子の警護担当とみられる男性を捉えた監視カメラの画像=イスタンブールのサウジアラビア総領事公邸で2018年10月2日、AP

トルコの親政権紙「カショギ氏が消息絶った2日に」報道

 【エルサレム高橋宗男】トルコの親政権紙サバハは18日、サウジアラビアの記者、ジャマル・カショギ氏が消息を絶った今月2日に、サウジのムハンマド皇太子の警護担当者がイスタンブールのサウジ総領事館に出入りしていたと、監視カメラの画像を基に報じた。

 同紙によると、この人物はトルコ当局が容疑者とみている15人のうちの1人で、カショギ氏が総領事館を訪問する…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです