メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青梅市

「昭和レトロ」な商店街、映画看板の撤去始まる

老朽化で撤去された映画看板=青梅市で2018年10月19日午前、熊谷泰撮影

 東京都青梅市のJR青梅駅周辺の商店街で19日、「昭和レトロ」な街並みを彩ってきた映画看板の撤去が始まった。老朽化が進み事故が懸念されるため、やむなく撤去に踏み切った。1994年から24年にわたり「街の顔」であり続けた看板の「退場」。地元の商店主らは名残惜しげに作業を見守った。商店街は今後、猫をモチーフにした看板やキャラクターでまちおこしを図る。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです