再生医療

運用厳格に 来春改正へ、細胞を使う治療など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省の専門部会は19日、再生医療安全性確保法の省令改正案を了承した。細胞を使う再生医療の臨床研究や治療の手続きを厳格化する。同省は来年4月の施行を目指す。

 改正案では、実施医療機関の審査を受けた計画と大きく異なる方法で再生医療を行う場合、医師らに機関の管理者へ報告することを新たに義務づける。さらに、重大な事案が発生すれば管理者は速やかに審査委の意見を聞き、審査委は厚労…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集