メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生医療

運用厳格に 来春改正へ、細胞を使う治療など

 厚生労働省の専門部会は19日、再生医療安全性確保法の省令改正案を了承した。細胞を使う再生医療の臨床研究や治療の手続きを厳格化する。同省は来年4月の施行を目指す。

 改正案では、実施医療機関の審査を受けた計画と大きく異なる方法で再生医療を行う場合、医師らに機関の管理者へ報告することを新たに義務づける。さらに、重大な事案が発生すれば管理者は速やかに審査委の意見を聞き、審査委は厚労…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. ORICON NEWS 『TGC』初の“無観客”で開幕 ランウェイトップバッターは中条あやみ

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです