メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇后さま84歳

陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに

 20日に84歳を迎えられた皇后さまの誕生日として最後となる文書回答は、来年の代替わりを控えた現在の胸の内を率直につづったものだった。自身の歩みや上皇后になってからの暮らしについて思いを連ね、天皇陛下と「残された日々を、静かに心豊かに過ごしていけるよう願っています」と記した。【高島博之】

 皇后さまは24歳で民間から皇室に入った。文書では皇太子妃、皇后としての立場を「与えられた義務を果たしつつ、その都度新たに気付かされたことを心にとどめていく」日々だったと表現。「経験するだけでは足りない。経験したことに思いをめぐらすように」という聖心女子大学時代の学長の言葉を何度も自らに言い聞かせてきたことも明かした。

 両陛下は退位後、旧高松宮邸(東京都港区)を経て、赤坂御用地(同)内の東宮御所に移られる。両陛下は結…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1383文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです