大阪公立高校

入学願書、性別欄廃止 性的少数者に配慮

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今春入学者用の入学願書(右)と来春入学者用の入学願書。氏名の欄の横にあった性別欄(丸囲み部分)がなくなっている=芝村侑美撮影
今春入学者用の入学願書(右)と来春入学者用の入学願書。氏名の欄の横にあった性別欄(丸囲み部分)がなくなっている=芝村侑美撮影

 大阪府教委は来春以降の入学生を対象にした公立高校入試で、志望校に提出する入学志願書の性別欄を廃止した。府教委によると、性別を記入することに抵抗のある性的少数者への配慮や、入試に必要な情報ではないと判断したためという。

 対象となるのは府立や府内の市立高校など公立高校の一般選抜、特別選抜など。入学願書は氏名や生年月日、住所…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

あわせて読みたい

ニュース特集