メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人

高橋監督 寂しく終幕

ファンらに手を振り、グラウンドを後にする巨人の高橋監督=マツダスタジアムで2018年10月19日、平川義之撮影

 ○広島5-1巨人●(19日・マツダスタジアム)

 ファイナルステージ3試合でわずか3得点。巨人は打線が機能しないまま、今季の戦いを終えた。「何もできなかった。大事な時に打てる打者になりたい」。CS初出場だった22歳の4番・岡本は言葉を絞り出した。

 4点を追う八回2死一、二塁で打席に立った岡本。153キロの内角直球に差し込まれ、一邪飛に終わった。六回に1…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです