東日本大震災

石巻・旧門脇小遺構 地域との共存語る あす、町内会など共催 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の遺構として保存される石巻市の旧門脇小について、地域と遺構が共存する未来を考える「遺構と地域のこれからを語る会」が22日午後6時から、同市門脇町3の門脇東復興住宅集会所で開かれる。

 「かどのわき町内会」と、伝承活動などに取り組む公益社団法人「みらいサポート石巻」の共催。第1回の今回は、…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

あわせて読みたい

注目の特集