メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
子育て支援

ITで 保育現場にベビーテック 負担軽減「子どもに関わる時間増えた」 /神奈川

 IT(情報技術)で子育てを支援する「ベビーテック」が県内の保育現場に広がりつつある。スマートフォン(スマホ)のアプリなどを活用することで保育士の働き方改革につながることが期待される上、現場からは「負担が軽減され、子どもとのコミュニケーションが増えた」という声も上がっている。【国本愛】

 「昔に比べて保育士は事務作業が増えて、一番大切な子どもと直接関わる時間がどんどん減り悩んでいた。現場の努力だけではどうにもならなかったことが、大きく変わった」。川崎市内を中心に5カ所の認可保育園や企業型保育室を運営する「ばんびこどもサポート」代表の小林ちさとさん(46)は、ベビーテックの効果をこう語る。約2年半前、リクルートマーケティングパートナーズ(東京都)が開発したアプリ「kidsly(キッズリー)」を導入した。

 大きな変化は、園児一人一人の保護者に毎日手書きしていた連絡帳がなくなったことだ。従来の連絡帳はアプ…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです