メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

B型・C型肝炎救済鹿児島県支部長 高橋幸子さん(66)=鹿児島市 全ての肝炎患者救済を /鹿児島

 集団予防接種や血液製剤の投与などによって肝炎になった全ての患者の救済を目指す「B型・C型肝炎救済全国センター鹿児島県支部」が、発足から10年を迎えた。医療費助成の拡充や遺族への補償などを求め国に要請活動を続けている。肝炎対策の課題を県支部長の高橋幸子さん(66)=鹿児島市=に聞いた。【田中韻】

 Q 会は主にどんな活動をしていますか

 高橋さん 会員のほとんどがカルテがないため、薬害肝炎救済法に基づく給付金を受けられない患者です。肝…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです