メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

中距離弾、核廃棄条約破棄か 「ロシアが違反」主張

 【ワシントン会川晴之】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は19日、トランプ米政権が、ロシアと結んでいる中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を検討していると報じた。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が週明けにもロシアを訪問して協議し、トランプ大統領が数週間以内に最終判断を下す見通しという。離脱を決めれば、新たな核・ミサイル軍拡競争が始まり、緊張が激化するのは必至だ。

 米国は、ロシアが2012年から条約に違反する新型の核巡航ミサイルの開発に着手、17年に配備したと非難している。ロシアはこれに反発、米国が弾道ミサイル防衛(BMD)システムの整備を続けている点を「攻撃用に変更可能で条約違反だ」と指摘するなど非難合戦を続けている。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです