メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者死亡、側近更迭 皇太子の関与焦点 米、制裁へ調整

カショギ氏=AP

 【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】サウジアラビアの検察当局は20日、国営メディアを通じ、サウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(失踪時59歳)について「トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した」と初めて認め、サウジ国籍の18人を拘束して取り調べを進めている。当局は事件について「深い遺憾の意」を表明し、責任者を処罰するとしている。サルマン国王(82)は、事件に関与したとして王室や政府の高官ら5人を更迭した。(3面に検証)

 当局は、総領事館内で起きた口論と殴り合いの結果であり、意図的な殺害ではなかった、と主張している。

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです