メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者死亡、側近更迭 皇太子の関与焦点 米、制裁へ調整

カショギ氏=AP

 【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】サウジアラビアの検察当局は20日、国営メディアを通じ、サウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(失踪時59歳)について「トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した」と初めて認め、サウジ国籍の18人を拘束して取り調べを進めている。当局は事件について「深い遺憾の意」を表明し、責任者を処罰するとしている。サルマン国王(82)は、事件に関与したとして王室や政府の高官ら5人を更迭した。(3面に検証)

 当局は、総領事館内で起きた口論と殴り合いの結果であり、意図的な殺害ではなかった、と主張している。

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1671文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か「車が横転」「屋根飛んだ」 JRで停電、運転見合わせ

  3. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです