メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

陸前高田の漂流ポスト(その1) 「あなた」に届いたかな

森の中にたたずむ「漂流ポスト3・11」。手前の看板は開設時に赤川勇治さんが手書きで作った=岩手県陸前高田市で2018年9月26日、小川昌宏撮影

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市の森の奥に、円柱形の赤い郵便ポストがひっそりと立っている。震災などで亡くなった人への思いを託す「漂流ポスト3・11」。手紙の差出人は、大切な家族や友を失った人たちだ。

 この森でカフェ「森の小舎(こや)」を営む赤川勇治さん(69)が「文字に表すことで、胸に閉じ込められた悲しみが少しでも和らぐなら……」と2014年3月に据え付けた。これまでに、全国から500通以上の行く当てのない手紙が届いた。

 <○○ちゃんの結婚式に呼ばれたんだ。あなたが座る席に、お母さんが座ります。ばあちゃんの着物、津波に…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 被災後初の週末、ボランティアは予想以下 大雨で途中撤退も 長野市

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです