メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

サウジ総領事館に入るカショギ氏(右)=ロイター

 サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏について、サウジ当局は当初の説明を覆し、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で死亡したことを認めた。事件の背景には何があったのか、詳細を追った。【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】

 トランプ米大統領が就任後初の外遊先としてサウジ訪問の準備を進めていた昨年5月。毎日新聞はサウジ国内にいたカショギ記者に取材を申し込んだ。同じサウジ出身の国際テロ組織「アルカイダ」指導者ウサマ・ビンラディン容疑者(2011年に米軍が殺害)に何度もインタビューし、暴力的活動をやめるよう説得した逸話でも知られる。「トランプ氏登場でサウジはどう変わるか」と尋ねたが、返事は素っ気なかった。「今、外国メディアとの接触を国から禁じられている」。その数カ月後、カショギ氏は米国に渡った。

 このころ権力の階段を駆け上がっていたのがムハンマド・ビン・サルマン王子(33)だ。昨年6月、実父で…

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2764文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです