メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

サウジ総領事館に入るカショギ氏(右)=ロイター

 サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏について、サウジ当局は当初の説明を覆し、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で死亡したことを認めた。事件の背景には何があったのか、詳細を追った。【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】

 トランプ米大統領が就任後初の外遊先としてサウジ訪問の準備を進めていた昨年5月。毎日新聞はサウジ国内にいたカショギ記者に取材を申し込んだ。同じサウジ出身の国際テロ組織「アルカイダ」指導者ウサマ・ビンラディン容疑者(2011年に米軍が殺害)に何度もインタビューし、暴力的活動をやめるよう説得した逸話でも知られる。「トランプ氏登場でサウジはどう変わるか」と尋ねたが、返事は素っ気なかった。「今、外国メディアとの接触を国から禁じられている」。その数カ月後、カショギ氏は米国に渡った。

 このころ権力の階段を駆け上がっていたのがムハンマド・ビン・サルマン王子(33)だ。昨年6月、実父で…

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2764文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです