メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

ノルウェー・ヒトラ島 オーシャンファーム1 革命的な「外洋養殖」 油田技術応用、サーモン10倍

北海油田の技術を応用し、世界で初めて外洋でのサーモン養殖を実現したサルマール社の「オーシャンファーム1」=ノルウェー沖で2018年9月11日、加藤明子撮影

 日本とほぼ同じ国土面積に、北海道ほどの約530万人が暮らす北欧のノルウェーは、中国に次ぐ世界2位の水産物輸出国だ。IT(情報技術)などを積極的に取り入れて世界をリードするサーモン養殖の現場を訪ねた。

 「石油産業から水産業に優秀な人材が戻ってきた。以前は『魚くさい』と敬遠されたが、今はクール(カッコイイ)なイメージで、若者にも人気だ」。養殖大手サルマール社の販売ディレクター、ゲイル・バルさん(50)は胸を張る。

 ノルウェー中西部ヒトラ島から船で約1時間。50キロ沖合の海上に巨大なプラットフォームが現れた。昨秋開設した「オーシャンファーム1」(直径110メートル、高さ67メートル)だ。北海油田開発で培った半潜水型掘削機の技術を応用し、水深150メートルの外洋でサーモンの養殖を可能にした。開発を支えたのは石油産業から転じた技術者ら。開発費は約1億ドル(約112億円)で、生産能力は従来の養殖の約10倍の年間最…

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 東京都 新たに180人以上の感染確認 1日で最多 新型コロナ

  3. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 「客激減」「3連休の緩み」くっきり データで見る“自粛”度合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです