メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『端境の海』=麻生直子・著

 (思潮社・2808円)

 麻生直子の最新詩集。一九四一年北海道南西部・奥尻島の生まれ。高校卒業後、京浜地区の町工場で働きながら、詩作の道へ。「音もなく/波が砂の窓を洗い/端境の海が来ている」は、「降りつもる霧の砂」の一節。表題となる「端境(はきょう)」の語には端境(はざかい)の他に、端、辺境の意味もこめられたようだ。「死者は仮面をかぶって逝く」は暗い詩だが、死者との間に空気をかよわせる、大きな詩だ。「春…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです