メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

岩間陽子・評 『ベルリンは晴れているか』=深緑野分・著

 (筑摩書房・2052円)

綿密な調査による精巧な芸術作品

 こんな本を読んだことがない。題名にベルリンとついていることに引かれて手に取ったけれど、正直最後まで読み通すとは思っていなかった。ヨーロッパを舞台にした日本人作家のミステリーは多い。古い陰影のある街並みは、物語の舞台によく似合う。しかし、読み始めると、街も登場人物も作り物ぽくて、途中で投げ出してしまうことが多い。しかし、本書は読み始めて驚愕(きょうがく)し、一気に読了した。

 ベルリンは私が第二の故郷と愛する街だ。二○代でこの街に暮らし、人生が大きく変わった。嘘(うそ)が書…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです