メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『土・牛・微生物 文明の衰退を食い止める土の話』=D・モントゴメリー著、片岡夏実・訳

 (築地書館・2916円)

答えは「私たちの足元」にある

 人工知能、仮想現実、ロボットなど新技術での未来が描かれている中でなんとも泥臭い話と見られそうだが、人類が生き続けるために不可欠なのはこちらではないかと思うのである。因(ちな)みにここで扱うのは「泥」ではなく生きている「土」である。

 地質学者である著者は、『土の文明史』で、現代文明は土壌侵食や肥沃(ひよく)度の低下を引き起こし滅びに向っていることを示した。その後、『土と内臓』で土壌微生物と植物の根の関係が腸内細菌と腸の関係に似ていることを明らかにし、微生物の重要性を指摘した。三作目の本書では、これらを踏まえた農業革命を提案する。

 最初の小見出し「人類最悪の発明-犂(すき)」にギョッとする。文明の始まりは農業革命であり、それを支…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1488文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです