メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

記憶に残るスイマーへ ホームの大声援、力に=競泳・渡辺一平

 パンパシフィック選手権、ジャカルタ・アジア大会と続いた8月の国際大会は、体調不良で満足のいく練習を積めずに臨むことになり、いつも以上に自分の泳ぎに集中しました。世界記録を持つ男子200メートル平泳ぎはパンパシで金メダルを獲得できましたが、アジア大会は小関也朱篤選手(ミキハウス)に0秒01差で敗れて2位。収穫があった一方で課題も見つかりました。

 東京で開催されたパンパシには米国、オーストラリア、カナダなどの強豪国が集いました。ホームで主要国際…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1243文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです