メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

積水ハウス

土地詐欺被害 偽造できぬ証明書ない 印鑑一つで5万円、残高水増し15万円 「道具屋」豪語、悪用に懸念

積水ハウスがだまされた地面師事件で使われた偽造パスポートと印鑑証明書

 大手住宅メーカー「積水ハウス」が東京・西五反田の土地取引を巡って被害にあった地面師事件では、土地の所有者になりすますために偽造したパスポートや印鑑証明書が使われていた。それらの「道具」は、登記申請に関わる司法書士の目をあざむくほどの精巧さだった。「作れないものはない」。今回の事件には関与していないが、印鑑作製などの依頼を請け負っているという男が、手口の一端を明かした。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 「印鑑なら一つ2万5000~5万円。通帳残高の水増しは3万~15万円。値段は相手によって変えます」

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです