メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水星探査機

日欧で低負担実現 初の大規模協力

水星探査機を載せて打ち上げられるアリアン5ロケット=南米フランス領ギアナのクールー宇宙基地で19日、欧州宇宙機関提供・AP

 日本と欧州が協力して水星を調査する「ベピ・コロンボ計画」の探査機2機が19日(日本時間20日)、南米・仏領ギアナのクールー宇宙基地から欧州のアリアン5ロケットで打ち上げられた。2025年12月に水星に到着する予定。惑星探査分野では日本にとって初の大規模な国際協力となり、日本側と欧州側で観測対象を分担することで、低負担での探査を実現した。

 探査機は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した水星磁気圏探査機(愛称「みお」)と、欧州宇宙機関(ESA)が担当する水星表面探査機「MPO」からなる。水星近傍に到着後に分離。水星を周回しながら、みおは水星周辺の磁気圏や薄く存在する高層大気などを観測する。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです