メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

積水ハウス

土地詐欺被害 作れぬ書類ない 精巧偽造、地面師も助長 旅券、印鑑 分野ごとに「道具屋」

 大手住宅メーカー「積水ハウス」が東京・西五反田の土地取引を巡って被害にあった地面師事件では、土地の所有者になりすますために偽造したパスポートや印鑑証明書が使われていた。それらの「道具」は、登記申請に関わる司法書士の目をあざむくほどの精巧さだった。「作れないものはない」。今回の事件には関与していないが、印鑑作製などの依頼を請け負っているという男が、手口の一端を明かした。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 「印鑑なら一つ2万5000~5万円。通帳残高の水増しは3万~15万円。値段は相手によって変えます」

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです