メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台「魔界転生」

映像多用、新感覚の娯楽作 博多座・28日まで開催

 <日曜カルチャー>

 博多座で開催中の舞台「魔界転生(まかいてんしょう)」(山田風太郎原作、マキノノゾミ脚本、堤幸彦演出)は、島原の乱で敗れながら、死者再生の術(魔界転生)によってよみがえり、幕府滅亡を図る天草四郎の復讐(ふくしゅう)劇。剣豪ぞろいの魔界衆(荒木又右衛門、柳生宗矩(むねのり)、田宮坊太郎、宮本武蔵ら。全員死者)と、柳生十兵衛を頭とする柳生衆が激烈な戦いを繰り広げる。テレビドラマや映画の見せ方を熟知している演出の堤は映像を多用し、新感覚の娯楽作に仕上げている。

 たんなるアクション大作にとどまらず、親子や兄弟(姉弟)の絆、男同士の友情が丹念に描かれているのがポ…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです