メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多・天神落語まつり

三遊亭円楽プロデュース 皆勤の立川生志「真剣勝負で」 来月1~4日、5会場で

 <日曜カルチャー>

 日本最大規模の落語イベント「第12回三遊亭円楽プロデュース博多・天神落語まつり」が11月1~4日、福岡市内5会場(FFGホール、イムズホール、都久志会館、JR九州ホール、市民会館)を中心に開かれる。円楽一門会、落語芸術協会、落語協会、落語立川流、上方落語協会の落語家約50人が垣根を越えて集結。34公演で2万人超の動員を見込んでいる。【渡辺亮一】

 「えとを一回りして12年目。初心者から落語通の方まで、いろいろな角度で楽しめるプログラムを組みまし…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです