メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

超高齢社会の死生観=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 超高齢社会が訪れた今、自らの生き方や死に方について考える機会が増えています。医療スタッフには、職業柄、病気や死への向き合い方という狭い意味での死生観が求められます。医療スタッフの多くは健康で、病気を経験していませんが、誰に教わるわけでもなく、日々の患者との交流の中で、自分なりの死生観を育んでいます。私自身は、主に進行がん、再発がんの治療を担当していたので、患者の最期をみとる段階で、医師としての死生観に基づき、多くの判断を下してきました。

 例えば、病状が悪化し、死が間近になった患者の診療では、残された時間をどのように過ごし、避けることが…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです