メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

超高齢社会の死生観=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 超高齢社会が訪れた今、自らの生き方や死に方について考える機会が増えています。医療スタッフには、職業柄、病気や死への向き合い方という狭い意味での死生観が求められます。医療スタッフの多くは健康で、病気を経験していませんが、誰に教わるわけでもなく、日々の患者との交流の中で、自分なりの死生観を育んでいます。私自身は、主に進行がん、再発がんの治療を担当していたので、患者の最期をみとる段階で、医師としての死生観に基づき、多くの判断を下してきました。

 例えば、病状が悪化し、死が間近になった患者の診療では、残された時間をどのように過ごし、避けることが…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. わいせつ 元消防士に有罪 京都地裁 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです