メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
松尾貴史のちょっと違和感

消費税増税 困窮者を助ける発想ないのか

松尾貴史さん作

 素朴な疑問として、財政再建のためにやるべきことの代表が、なぜ消費税増税なのか。所得税増税ならば、高額所得の人に多く払ってもらうというまっとうな発想だと思うのだが、あえて避けられている。法人税率も、大きな利益を上げて内部留保が積み上がっているところに多く課税されるようにすればいい。

 今の政権が始まってから、金持ちや大企業優先の政策が多くなっている。法人税や所得税を上げると、企業や富裕層が日本から流出してしまうのではないかと恐れる向きもあるが、本当にそうだろうか。この素晴らしい風土と文化、歴史を持った日本に生まれ育ち、さまざまな営みをしてきた愛する国を離れたくなる人がそんなに多くいるとは思えない。

 消費税率を上げるということは、とりも直さず今ギリギリの生活をしている人にとっては死活問題で、切り詰…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1546文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです