メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者死亡

皇太子側近を更迭、故意は否定

 【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】サウジアラビアの検察当局は20日、国営メディアを通じ、サウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏=失踪時59歳=について「トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した」と初めて認め、サウジ国籍の18人を拘束して取り調べを進めている。当局は事件について「深い遺憾の意」を表明し、法手続きを経て責任者を処罰するとしている。また、サルマン国王(82)は、事件に関与したとして王室や政府の高官ら5人を更迭した。

 ただ当局は、総領事館内で起きた口論と殴り合いの結果であり、意図的な殺害ではなかった、と主張している…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1367文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです