メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者死亡

改革旗手の信頼失墜

ムハンマド皇太子=AP

 サウジアラビア検察当局は、サウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏について「トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した」と初めて認めた。

 今回の事件は、本来は外国に滞在する国民を保護する施設内で、その国民の命を絶つというサウジ当局者の異常な行動を浮き彫りにした。女性の権利拡大など一定の改革が評価を得てきたムハンマド皇太子に対する国際社会の信頼が失墜するのは確実だ。

 今後の焦点は大きく3点ある。まず皇太子の関与の有無だ。ムハンマド氏は昨年6月の皇太子昇格以降、国内…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです