メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・金剛能楽堂

石牟礼道子さん遺作を上演

厳かな雰囲気の中演じられた、石牟礼道子さん原作の新作能「沖宮」=京都市上京区の金剛能楽堂で2018年10月20日、大西達也撮影

 今年2月に90歳で死去した作家、石牟礼道子さんの最後の作品となった新作能「沖宮(おきのみや)」が20日、京都市上京区の金剛能楽堂で上演された。6日の熊本市に続く2カ所目の上演で、約460人が鑑賞した。

 石牟礼さんが育った天草の海を舞台に「島原の乱」で命を落とした天草四郎と生き残った少女あやの死と再…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです